昔と現在と働き方の変化



昔の働き方と現在の働き方には少しずつ違いが出てきています。
40代50代の方の中には、大学を卒業してから数十年間、ずっと今の会社に勤め続けてきたという方も多くいることでしょう。
この永年勤続というのはひと昔前であれば、普通と言えば普通のことでした。
しかし、現代ではこのような働き方から変わりつつあるのです。

最近では、転職をする方も多くなっています。
同じところに長く勤め続けるのではなく、何個かの企業を渡り歩き、その中で自分に合った職を見つけていく、あるいは多くの経験を得て最終的に自分のやりたいことにつなげていくというような考え方で働く方もいます。
たとえば、小さな企業で働きながらSEやプログラマーとしての知識やスキルを身につけていき、ある程度の能力が自分に身に着いてきたら都内へ進出して大手の企業に勤める、というプランを立てている方もいるかもしれません。

このように働き方が変わってきている中で知っておきたいことが、「キャリアプラン」という言葉です。

キャリアプランとは?

キャリアプランというのは、言葉としてはよく耳にするものの、実際にどういうことかと聞かれると正確には答えられないという方も多いのではないでしょうか。
このキャリアプランとは簡単にいえば、自分が理想とする姿になれるようなプラン立てをしていくということになります。
理想の姿になるために戦略を立て、その計画を一つずつ実行していく。
それがキャリアプランになります。

自分自身は、何をしたいと考えているのでしょうか?
それをいざ聞かれると、答えられない方も多いかもしれません。
なんとなく今の企業に勤めてなんとなく働いているけど、今の働き方に満足しているわけではない、何かもっと別のことをやってみたい、そう思うことはあっても、その「何か」が具体的に何なのかが分からないという方もいることでしょう。

それを知るためにはまず、今までの自分を振り返ってみることも大切です。
過去の自分を、満足度と連動させてグラフに表してみましょう。
小学校の頃、中学校の頃、高校時代、大学時代、そして今の自分…。
何気なく過ごしてきた毎日ですが、今振り返ってみると、どうだったでしょうか?
何をしている時が一番満足度が高く、何をしている時に不満を感じていたでしょうか?
このように自分の人生をグラフによって可視化することで、より自分のやりたいことなどが明確に見えてくるようになるはずです。

企業に勤めており、すでに転職の経験がある方は、前の企業と次に勤めた企業で、どちらの方が自分に合っていると感じたでしょうか?

また、その時にはどのようなスキルを身につけることができたでしょうか?

何気なく働いてしまうと、こういったことにも気付かずただ働いているだけになってしまいます。
生活の3分の1以上は仕事をしていることになりますから、満足度の高い生活を送るためには、仕事に充実感を持たせることが大切です。

資格を活かしたキャリアプラン

世の中には多くの資格が存在していますが、その資格を持っていることで非常に就職に有利に働くものというのも数多くあります。
医師免許、司法書士などがその中でも良い例でしょう。

また、その他の国家資格を持っているというのも有利です。
国家資格には税理士や介護福祉士、看護師などがありますが、どれも簡単に取れるものではありません。
その資格を有しているということは自分のキャリアプランを組んでいく中でも大きくプラスに働く要素となりますから、これを活かさない手はないでしょう。

今までなんとなく仕事に取り組んでいたという方は、キャリアプランについて一度考えてみてはいかがでしょうか?
自分の人生をより楽しいものになっていくかもしれません。

>>ゴールドライセンスのキャリアプラン
ゴールドライセンスとは何か?

>>王道の国家資格
王道と言われている国家資格をいくつか紹介します。

>>仕事で活かせる資格やスキル
資格やスキルを身につけて仕事に活かしていきましょう。